project logo

SpatiaLite

地理空間情報データベース

SpatiaLite は地理空間情報を扱う関数を追加した SQLite データベースエンジンです。

SQLite は動作が軽く、シンプルで堅牢、簡単に使える人気のあるデータベース管理システム(DBMS)です。それぞれのデータベースは一つのファイルに格納されます。コピー、圧縮や、Windows、Linux、MacOS 等のOS間の移行も簡単にできます。

screenshot

主な機能

SQLite で OGC の仕様に準拠した空間データを扱えるようにしたものが SpatiaLite の拡張です。

ハイライト:

  • ユーザフレンドリーな GUI
  • 標準の WKT 及び WKB フォーマット
  • SQL 空間関数 - AsText()、GeomFromText()、Area()、PointN() など
  • GEOS 経由で提供される OpenGis 空間解析関数 - Overlaps()、Touches()、Union()、Buffer() など
  • OpenGis の仕様に沿った完全な空間メタデータ
  • 多くのジオメトリ記法 - EWKT、GML、KML、GeoJSON
  • シェープファイルのインポート、エクスポート
  • PROJ.4 と EPSG 測地系パラメータデータセットを利用した測地系変換
  • GNU libiconv によるロケール、文字コード
  • SQLite の RTree 拡張を利用した地理空間インデックス
  • シェープファイルに VIRTUAL TABLE としてアクセスすると、インポートや変換なしにシェープファイルに SQL クエリを発行可能
  • 外部の CSV/タブ区切りテキストや xls スプレッドシートに VIRTUAL TABLE としてアクセス
  • XML ドキュメントやストアド BLOB 圧縮バイナリオブジェクトへの、”well formed” 構文、及び XSF スキーマ妥当性検証チェック付きアクセス。特別に ISOメタデータ、SLD/SE スタイル、SVG グラフィックスをサポート。XML ドキュメントは標準の XPath 構文でクエリ可能。
  • 外部 WFS サーバへのクエリ。
  • 外部の DXF ファイル(全バージョン)のパースと、検出したレイヤとジオメトリの格納。
  • DXF ファイルの生成とエクスポート

詳細

ウェブサイト: http://www.gaia-gis.it/gaia-sins/

ライセンス: MPL v1.1 and GPL v3

ソフトウェアバージョン: 4.3.0a

対応プラットフォーム: Linux、Mac、Windows

API インタフェース: C++

クイックスタート

Copyright & Disclaimer