project logo OSGeo Community Project

MapProxy

Proxy WMS & タイル サービス

MapProxy diagram

MapProxy は、複数のソースからなる地図を予めレンダリングし、ローカルなキャッシュに格納することによってマッピングアプリケーションを高速化します。レイヤの透化、測地系の変更、複数のレイヤ統合、電子透かしの追加など、多くのことを可能にします。

MapProxy は柔軟で、単純なものから複雑なユースケースまでスケールします:OpenLayers の Web クライアントに対する単一のタイルキャッシュ、分散型 WMS サービスの結合、一元化、数十倍高速化するための中心的なSDIノードなど。

MapProxy は、何千ものユーザーに地図を配信するために、ドイツのブロードバンドアトラスに使われています。ドイツ連邦地図製作測地局は、オンザフライで全16州の WMS サービスを統合するために MapProxy を使用しています。

主な機能

MapProxy demo
入力ソース:
  • WMS 1.0.0–1.3.0 (MapServer, GeoServer など)
  • TMS, WMTS (TileCache, GeoWebcache など)
  • Mapserver and Mapnik (WMS無しで直接的に)
  • あらゆる TileCache, Google Maps または Bing ソース互換
サービス:
  • WMS (1.0.0-1.3.0)
  • TMS
  • WMTS
  • KML SuperOverlays
タイルキャッシュ:
  • 同一画像を一度のみ格納 (例えば、海のタイル画像)
  • MBTile ファイルまたは CouchDB といったファイルシステムへのタイルの格納
  • タイルに透かしを追加
ソースのオプション:
  • ジオメトリへの(例えばシェープファイルからの)ソースの制限
  • 不透明なレイヤに透明度を追加
  • 複数のソースをマージ
  • 他のSRSへの最投影
WMS機能:
  • 異なるソースからのレイヤー・ツリーの構築
  • (あらゆるデスクトップ GIS のための)自由なズームや、あらゆる座標系のサポートを伴う、キャッシュから GetMap への応答を生成
  • 既存の WMS を10〜100倍高速化
  • GetLegendGraphic リクエストへの応答
  • 任意の XSL 変換を伴う GetFeatureInfo リクエストへの転送
  • オンザフライによる再投影
  • WMS バージョンや画像フォーマットの変換
セキュリティ:
  • 柔軟で強力な認証 API
  • サービスおよびレイヤを超えたきめ細やかな管理
  • ポリゴン領域へのアクセス制限
  • 既存のユーザーのデータベースや認証との統合
Powerful tools:
  • efficient seed tool for cache pre-filling that can seed polygon areas
  • export cached tiles to other formats
  • calculate scales and show grid configurations
他の機能:
  • 単純ながら強力な設定フォーマット (YAML/JSON)
  • OpenLayers をベースとしたデモ・クライアント
  • 1つの MapProxy インスタンスで複数の WMS サービスを実行
  • 画像に特定のラインを付加すること
  • DEM のような非画像ラスターデータをサポート
  • さらに多くの機能

実装している標準規格

MapProxyは、以下のオープンな仕様を実装しています:

  • OGC WMS 1.0.0, 1.1.0, 1.1.1, 1.3.0
  • OGC WMTS 1.0.0 (KVP および RESTful)
  • OSGeo TMS 1.0.0
  • OGC KML 2.2 SuperOverlays

詳細

ウェブサイト: http://mapproxy.org/

ライセンス: Apache Software License 2.0

ソフトウェアバージョン: 1.10.0

対応プラットフォーム: Linux, Mac, Windows

サポート: http://mapproxy.org/support.html

クイックスタート

Copyright & Disclaimer