project logo OSGeo Project

GDAL/OGR

地理空間データ変換ツール

Geospatial Data Abstraction Library (GDAL/OGR) は、多数のラスタ、ベクタ地理空間情報フォーマット 変換用のコマンドラインユーティリティです。

このユーティリティはクロスプラットフォームの C++ ライブラリに基づいて作成しており、 数多くのプログラミング言語からアクセスできます。ライブラリとして、 サポートしている全てのフォーマットについて、アプリケーション呼び出しのための単一抽象データモデルを提供しています。

GDAL/OGR は地理空間データを扱うライブラリでは最も幅広く利用されています。 Mapserver、GRASS、QGIS、OpenEV など多数のアプリケーションで 主要なデータアクセスエンジンとして使用されています。また、 OSSIM、Cadcorp SIS、FME、Google Earth、VTP、Thuban、ILWIS、MapGuide、ArcGIS などのパッケージソフトウェアでも使用されています。

GDALは数多くのフォーマットをサポートしています

主な機能

  • データ変換、画像変形、切り出し、その他一般的な操作を行うコマンドラインユーティリティ。
  • ラスタデータの高度な操作。タイリング、サムネイル作成
  • 4GBを超えるサイズのファイルをサポート
  • Python、Java、C#、Ruby、VB6、Perl からのライブラリアクセス
  • PROJ.4 及び OGC Well-Known テキスト座標系記述に基づいた座標系エンジン

サポートする主なフォーマット

GDAL は50を超えるラスタフォーマットを、また、OGR は20を超えるベクタフォーマットをサポートしています。

これらは以下を含みます:

  • ラスタ: GeoTIFF、Erdas Imagine、SDTS、ESRI Grids、ECW、MrSID、JPEG2000、DTED、など
  • ベクタ: MapInfo (tab 及び mid/mif)、ESRI Shapefile、ESRI Coverages、ESRI Personal Geodatabase、DGN、GML、PostGIS、Oracle Spatial、など

準拠している標準規格

OGR ベクタデータモデルは OGC Simple Features 仕様に準拠しています。

詳細

ウェブサイト: http://www.gdal.org

ライセンス: X/MIT style Open Source license

ソフトウェアバージョン: 2.2.0

対応プラットフォーム: Windows、Linux、Mac

API インタフェース: C、C++、Python、Java、C#、Ruby、VB6、Perl

サポート: http://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/gdal-dev, http://www.osgeo.org/search_profile

クイックスタート

Copyright & Disclaimer